Diary

展示会が終了いたしました。

9日間、土山人北浜店さんで開催させて頂きました、

”築百年の古民家に灯す 小さな明かりと絵の共演。”が終了致しました。

 期間中はたくさんの方々にご来場を頂きまして、誠にありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。

candle-night

会場を提供して頂いた、土山人北浜店の皆様。

築100年の古民家に在る温かさのように、スタッフ皆様の温かいお心遣いがあり、

毎日楽しく在廊させて頂く事ができました。

オープニングパーティーで会場を音で盛り上げて下さったDJヤマさん。

おかげさまで初日のパーティーは大盛況でした。

準備から毎日一緒にいた、画家の梔薫たみさん。

お互い何をしているかなんて、知らないところから、再会し、今回のイベントの話を持ちかけてくれてありがとう。

毎日、たみちゃんの優しさにふれ、自分に無い物をたくさん持っている人だなと思いました。

今回の企画展の中心となって、作家二人を支えてくださった、USED Living様。

告知、広報、予約受付、撮影などご多忙のところありがとうございました。

そして、会場まで足を運んで頂いた皆様方、本当にありがとうございました。

この場を借りて厚くお礼申し上げます。

 candle-night2

candle

candle-tokonoma

 

日常とは違う日々をこの数日間過ごし、たくさんの温かさにふれ、

また、刺激的な毎日を過ごしました。

 準備の段階では、まだ暖かかったのですが、

今朝起きると、肌寒く、展覧会も終わったと思うと寂しい気持ちになりました。

 RAiNBOW SOULとしては、今回の展覧会を出発点とし、今後飛躍できるよう、日々前進してゆきますので、

皆様のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。